グローバル・リンク株式会社|ソーラー発電&蓄電で、日本に安心の未来を届けます

グローバル・リンクの循環型ダブル発電

グローバル・リンクの事業内容

W発電とは発電エンジンと排熱タービン2つを利用した発電システムです。

システムフロー

01. 産業(医療)廃棄物 → エコ・エンジェル

プラスチック製品や感染物などの産業(医療)廃棄物を専用容器に収容し、専用容器ごとエコ・エンジェルに収納します。


エコ・エンジェルに収納された産業(医療)廃棄物は、摂氏190〜210℃で7分間溶融滅菌します。その後、摂氏150℃以下になるまで滅菌箱で30分以上滅菌します。


滅菌率99.99%の滅菌完了物インゴットが完成します。


02. エコ・エンジェル → 油化プラント → 重油

エコ・エンジェルにより滅菌された滅菌完了物(インゴット)や廃プラスチックを油化プラント装置に収納します。


滅菌完了物(インゴット)や廃プラスチックを収納し、450℃の高温で4時間をもって気化/冷却を行い完全消滅させます。


上記の工程を経て重油が完成します。


02. エコ・エンジェル → 油化プラント → 重油

廃プラスチックや産業(医療)廃棄物から生成した重油を発電エンジンの燃料に活用します。


再生重油使用可能なエンジン発電機で発電を行います。また、排熱タービンを利用しエンジン発電機と排熱タービンでW発電を行います。


エンジン発電機と排熱タービンで発電された電力を売電供給するために変圧します。


04. 変圧器(キュービクル) → 売電

お問い合わせ